借金は不幸を招くのか?

負物などしなくてもベストくらいに高額のアルバイトで稼いでいた時が昔あったんですしかしながら、あの折はでさえ料金が足らなくなった時があり、思わずその頃は友達にお金を借りたことがありました。

 

それもたまたまポッとやった出会い系で出会った相手の人でした。とはいっても、弁済したことは殆どありません。

 

 

デートをしてくれれば最高ってことでしたが、まだ若かったのでそれで良かったのかもしれませんね。

 

自分としては今印象ても、高額のアルバイトをしていたのにどうして人に料金を借りないとならない事態に陥ったのかということが未だに本当に不思議でなりません。お金ってあればあるだけ使ってしまうって実際ですね。コンビニのATMって非常に実用的ですね!

 

これまでATMなんて自分の銀行口座からお金を引き出す程度だと妄想していました。だけれども何となくATMのところにあった資料を手に取ってみたら、なんと金額を借りることもできるのだそうです。ATMでキャッシングサービスを使用するということですね。

 

 

私がキャッシングしたことは過去に何度かありましたが、最後にちゃんと全額返すことができました。

 

借りた価格は1万円とか2万円、多くても3万円だったと想います。その折はの返却手段それにしても、毎月3千円以上づつ返すようになっていて最低3千円でよくて、それ以上払いたかったら払うこともできると言う完全歩合制返却の内容でした。

 

 

ずっと派遣社員だったので、そして、キャッシングをしていた頃はちょうどまだ派遣の仕事もポツポツと入っていた頃だったので、毎月それなり返済をすることができ、最低だけれども3千円は定期的に返却日を過ぎることなく返済できていました。いくら頑張って稼いしかしながら稼げば稼ぐほどそれだけ様々な購入促進の宣伝とそのための効果的で魅力的な演出に囲まれてしまい、段々とそれに心持ちが引っ張られてしまうのだと心ます。

 

使わなければしっかり貯金できていた分まで金額を余計に使ってしまい足りなくなるのだと想います。実際過去のわたしがそうでした。あの折はかなり貴重な実体験をしたと想像しています。そして今後はその時と同じ失敗を二度と繰り返金して行かないように毎日前向きにそして堅実に頑張って行きたいなと考えています。

 

 

金額が返せなくなってくると今度第にある消費者金融会社から携帯に連絡が入るようになり、気分的に一番追い込まれる日々でした。自宅にもケータイ電話や手紙がきましたし、最終的には消費者金融業者からの提案にのり、利息抜きの元金分だけ返金する形の整理で返金が終了しました。

 

自身は大丈亭主という軽い状態で借金をしましたが、結果的に長年心を追い詰められた気がします。よくCMでは計画的に借りましょうとありますが、もう私は必ずに負物したくないと印象ています。借財は心のゆとりを奪います。